【在宅ワーク可能】薬剤師の副業【1つしかない】

Side Job

近年の副業ブームで薬剤師の中にも副業に関心を持つ方が増えています。
収入を上げたいだけでなく、薬剤師の将来性への不安から他職種の業務に興味を持つ方もいらっしゃいます。今回は次のような方に向けて、薬剤師の在宅可能な副業を解説します。

○在宅ワークで副業したい
○どうせなら薬剤師免許を生かしたい
○薬剤師と同じとまでは言わないが、それなりの時給で働きたい
○将来性のあるスキルを身につけたい

副業可能な在宅ワーク【現実的な候補はすくない】

薬剤師は日常の業務が忙しく、仕事が終わる時間が遅いことも多いためアルバイトやパートなどでの副業は難しいケースが多いでしょう。そこで自然と在宅ワーク可能な副業を探し始めますよね。
Googleで『在宅 副業』と検索。
すると何十種類もの在宅副業が提案されています。試しにどこかのサイトでどんな仕事が紹介されているのか確認してみるのも良いでしょう。

Youtube・ブログ・アンケートモニター・データ入力などが紹介されているケースが多いです。薬剤師の視点から考えて、これらの副業をやるでしょうか?

薬剤師は日常的に安定して高時給で働いているため、副業に求める安定性や時給が高くなるのは自然のことです。多くの薬剤師は稼げるかわからない仕事や、時給1000円の仕事をするより、ゆっくり眠ることを選ぶでしょう。

時給は良いが薬剤師の副業には向かない在宅ワーク

安定して仕事があり時給単価も高い
このような条件を満たすものはプログラミング・WEBデザイン・動画編集があります。
他にも選択肢はあるでしょうが、再現性を高さを考慮するとこれらが現実的です。
しかしこれらの仕事も薬剤師の副業と考えると第一選択にはなりません。理由は以下の通りです。
ただし、一定の学習期間が確保できる・転職を考えているなど副業以上の目的があるのであれば、第一選択になりうる選択肢だと思います。

薬剤師の副業として第一選択にならない理由

学習コストがやや高い
⇨効率よく進めても、数ヶ月の学習が必要。

競争率が高くなってきている
⇨人気の副業のため初心者レベル層の人が急増し、仕事を取りにくい。

薬剤師免許の付加価値がない
⇨誰でも挑戦できる仕事でなおかつ人気があり競合が多く消耗する。

薬剤師の在宅副業【WEBライターが第一選択です】

学習コストが低い・薬剤師免許を生かせる在宅ワーク
この欲張りな条件を満たせるものはWEBメディカルライターしかありません。
薬剤師免許が必須ではないが、薬の幅広い知識が時給単価という形で評価されています。
通常、未経験のWEBライターは文字単価0.5円〜で仕事をするケースが多いですが、メディカルWEBライターは未経験で文字単価1円〜の仕事をするケースがほとんどです。

根拠は様々あると思いますが、色々と説明するよりも求人情報を実際に確認してもらった方が早いと思います。

WEBメディカルライターとは

メディカルライターは2種類ある

メディカルライターの仕事は医療・健康など専門分野の文書作成です。
作成する文書の対象者が医療機関や製薬会社などの専門機関なのか、一般人なのかによって業務内容が大きく異なる点は注意が必要です。

専門機関を対象にした文書作成【副業には向かないケース】

専門機関を対象にするケースでは治験関連の臨床試験計画書・治験報告書といったCRO業務近い文書作成やMRが使用しているようなパンフレットなどの文書作成も行います。
これらの業務は未経験で在宅ワークすることは不可能です。
すでにメディカルライティング経験がある方は、在宅ワークの求人はわずかに存在します。

一般向けの文書作成【副業に最適なケース】

一般向けの文書作成はサプリメントやOTC医薬品に関する情報提供をはじめ、転職体験談など薬剤師であれば問題なくこなせる業務がほとんどです。
零売薬局やオンライン処方等に関する求人もあり、医療とIT技術の最新の動向などを学べる点は興味を引かれる方も多いかもしれません。

副業メディカルライターになる方法

副業メディカルライターに必要なスキル

一般向けのメディカルライターに必要なスキルは難しいものはありません。
薬剤師として働いている方であれば知識量としては問題ありません。
ただし、文書で背景知識の少ない人に内容を噛み砕いて伝えることは薬剤師業務にはない点であると言えます。
また1点追加するならSEOライティングの知識があると良いでしょう。

SEOライティングとは

SEOとは、簡単に言うとGoogleで検索した時に上位に表示させるための技術です。
一般向けのメディカルライターの記事はWEBサイトで公開されることがほとんどなので、記事の内容が優秀でなおかつ、SEOの観点からも優秀である記事を作成する必要があります。

SEOは技術として広く知られたものであり、Youtubeなどにも多くの情報がありますのでそちらを参考に勉強してみると良いでしょう。
SEOは学習書も多く出版されています。どれでも良いので1冊読み進めれば体系的にSEOの知識が身につくと思います。SEOは日々進化しており、どんどん情報が古くなっていきます。本での学習を検討する際、あまり古い本での学習はおすすめではありませんので注意してください。

副業メディカルライター求人の見つけ方【プロに丸投げでOK】

医療業界もIT化・オンライン化が進んでおり、それに伴ってWEBメディカルライターの求人も増加傾向にあります。
しかしながら薬局・病院といった薬剤師の主要な転職・就職先と比較すると求人は依然として少なく、レア求人であるためホームページや広告紙などに求人が出ることはほとんどありません。そのため具体的な求人の探し方は2パターンしかありません。

知人に紹介してもらう
企業は複数名のライターと契約しているので、タイミングが良ければ契約できるかも。

転職系エージェントに紹介してもらう
多くはエージェントに仕事を紹介してもらいます。条件を伝えるだけでこちらは何もせず仕事を探してくれるので楽です。レア求人なので複数のエージェントに登録して、見つけてくれるのを待ちましょう。

【結論】薬剤師の在宅副業はWEBライティングが快適

在宅副業可能でなおかつ薬剤師免許・薬剤師としての経験が生きるのがWEBメディカルライターです。求人は少し見つけにくいですが、その点は転職エージェントに丸投げでOKです。その間にSEO学習などを進めておきましょう。
未経験の業務で不安もあるかと思いますが、求人条件の多くが薬剤師免許必須・ライティング未経験可ですので安心して挑戦してみてください。

WEBライティングをはじめる際にPC購入や学習書の購入を検討する方も多いと思います。
副業をはじめるにあたって再現性100%で軍資金をつくる方法も紹介していますので、興味があればチェックしてみてください

STEP0 10万円の副業軍資金をつくろう